町田市の成瀬駅より徒歩3分
  • 最大
  • 標準
文字サイズ:

大腸内視鏡検査・大腸カメラ

大腸内視鏡検査についてご案内いたします。

大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査は、肛門から細くて柔らかい内視鏡を挿入して、大腸全体を検査します。大腸がんをはじめ、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患の発見に役立てます。

大腸

大腸がんは、動物性脂肪の摂り過ぎや食物繊維の不足などといった、食生活の欧米化が影響し、近年、急速に増えているがんです。40歳代から増加しはじめ、女性のがん死亡原因の第1位、男性の第3位となっています。

大腸がんの早期発見を目的として、町田市・その他の各自治体でも、40歳から「大腸がん検診」として便潜血検査が実施されます。大腸がん検診で精密検査が必要と言われた場合は、大腸内視鏡検査などの精密検査を行うことになります。

その他、おなかの調子が悪い、原因不明の下痢や便秘、便に血が混じっているなどの症状がある場合は、その原因を調べるために、大腸内視鏡検査が検討されます。

現在、大腸がんは、早期であれば90%以上が治る病気ですので、40歳を過ぎたら、大腸がん検診・大腸内視鏡検査を、積極的に受けてほしいと思っております。

大腸がんとは

大腸がんは、早期には自覚症状がありません。進行すると、便秘や下痢、便が細くなる、残便感がある、血便など、さまざまな症状が現れます。排便時の出血(血便)で、気が付くケースが多いようです。

また、放置されてしまうケースでは、「単なる痔」「ただの不調だろう」と思い込み、診察が遅れることです。特に、血便が続く方、便秘や下痢が続く方については、自己判断せずに医師へご相談いただきたいと思います。

血便が続く方、便秘や下痢が続く方

大腸がんのリスクファクター

  • 年齢が50歳以上
  • 大腸がんの方が家族にいる
  • 高カロリーものをよく食べる、および肥満
  • 過量のアルコール
  • 喫煙

現在、大腸がんは、40歳代から増加しはじめ、50歳代で加速されて、高齢になるほど高くなっているようです。便潜血検査を受けることで、がん検診の中でも最も死亡率が下がる事が証明されており、各自治体では40歳から「大腸がん検診」が行われています。

大腸ポリープについて

大腸ポリープには、大腸がんになる可能性のあるポリープと、大腸がんにはならないポリープとがあります。大腸がんになる可能性のあるポリープをより早期に見つけて治療するためには、大腸がん検診・大腸内視鏡検査を定期的に受けていただくことが重要です。

大腸ポリープについてもほとんどの場合、自覚する症状がありません。小さいポリープの場合は、無症状といっても過言ではありませんので、日ごろから注意していただきたいと思います。

血便が続く方、便秘や下痢が続く方

当院の大腸内視鏡検査について

当院では新しい内視鏡設備と、専門のドクターによる苦しくない大腸内視鏡検査を行っておりますので、安心してお任せいただきたいと思います。実際に検査をお受けいただく方の中には、検査終了後、「ウトウト眠いと思っていた間に、終わりましたね」と言われるほど、気軽な検査になっています。

安心できる設備と検査技術

安心して内視鏡検査を受けていただくため、充実した検査設備を取り揃えております。検査の苦しさを軽減すること、そして病変を見逃さない!早期発見に努めています。

苦痛を軽減する!内視鏡用炭酸ガス送気装置

腸内に長時間空気が残らないため、「お腹の張り」など、検査後の患者さまの苦痛を大幅に軽減致します。

早期発見に貢献する!光デジタル

当院では、光デジタルによる画像強調システム、NBI・挟帯域光観察を導入しています。NBIは、通常光の観察に比べ、見えにくかった血管のパターンを高いコントラストで観察できるため、見逃されやすい小さな病変を含むがんやポリープ等の腫瘍などが、早期発見されやすくなります。

ポリープ切除も同時にできる!

内視鏡検査の結果、ポリープが発見された場合は、その場で映像を患者さまにも見て頂き、患者さまの同意のもとですぐに切除も可能です。

大腸がん検診のご案内

当院では町田市の「大腸がん検診」を受けることができます。対象の方は、町田市の助成を利用して受診ができます。

「大腸がん検診」の検査方法は、問診と免疫便潜血検査2日法となります。便潜血検査は、いわゆる検便検査です。便潜血検査は、痛みや事前準備といった心配もありませんので、40歳以上の方は積極的に受けていただきたいと思います。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る